KO logo green.png

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


未来の子供達のために。自然の力で地球をキレイにします

FT-12(JKK農法)

リンゴの木に効果的なJKK農法

FT-12

6.png天然の有用微生物群から作られた「FT-12」 JKK農法は、患部に浸透しやすくするために傷をつけ、対策液「FT-12」を噴霧し、経過を見守るだけです。この簡単な方法でリンゴのガンが治癒可能という画期的なものです。
 実地検証に関しましては、FT-12の実績をご参照下さい。

1L 6,300円
500ml 3,465円
(価格は税込みです)

送料

東北圏内
500円(一律)
関東甲信越・北海道
750円
その他
800円

新聞でも紹介されました

FT-12液新聞紹介.jpg「陸奥新報」 平成24年6月18日版青森の地元新聞「陸奥新報」にて紹介されました。
 記事には、りんごのガンの進行を止める。傷をつけて噴霧するだけという簡単さで、これまで頭を悩ませてきた農家の作業軽減が期待できると掲載されています。

※新聞の画像をクリックすると拡大されます。


FT-12の使い方

傷をつけてFT-12を噴霧するだけ

1.png1.発生箇所を確認します。




3.png2.ちょっと厚めのナイフで発生箇所を中心にキズをつけます。
3.ナイフはカッターだと刃の幅が狭すぎます。既成の粗皮削り(カビ削り)用のナイフが売っていますが、その反対側についているナイフの部分が良いようです。
  日本ハサミの刃でキズをつけている人もいます。




4.png4.キズは木の幹の葉脈に平行になるようにつけます。
5.キズとキズの幅は、7mmから8mmぐらいにします。




5.png6.発生箇所を中心にして上の部分を約20cmぐらい、下の部分も約20cmぐらい長くキズつけます。
7.発生箇所の左右は、それぞれ5〜6cm広い範囲でキズつけます。




6.png8.次に散布液を作ります。
9.市販のスプレー容器に、先に水を100cc入れます。
10.次に「FT-12」を100cc入れます。
11.浸透を早めるためにゴマ油(植物油なら何でも良い)を4〜5滴入れて、よく振って混ぜます。




7.png12.これを発生箇所中心にキズをつけた場所にスプレーします。
13.散布の量は、だいたい手のひら大の患部であれば、200cc(原液100cc)をメドにして下さい。
14.いったん作った散布液は、早めに(2日間ぐらい)使い切って下さい。




8.png15.散布後、5日から1週間後には発生箇所が乾きます。
16.様子を見てまだ乾いていない部分がありましたら、キズとキズの間に新しいキズをつけて、もう一度スプレーして下さい。




9.png17.発生箇所にコブがある場所などは菌が隠れている可能性が高いので、再発してくる場合がありますから、十分に観察して対処して下さい。
18.一つの発生箇所の手当てに要する時間は10分前後ですので、小さな発生箇所でも見つけたらすぐに対処すれば後々楽になります。

 実地検証に関しましては、FT-12の実績をご参照下さい。


治癒までの経過

患部に一度散布するだけで絶大な効果を発揮

実地検証に関しましては、FT-12の実績をご参照下さい。

02.png
りんごフラン病感染木:品種ふじ


リンゴのガンに感染している個所です。発生箇所が湿っているのが特徴です。
 JKK農法は、有用微生物の力により治癒が行われるので、化学薬品を使わず環境への汚染も一切ありません。




03.png
FT-12を噴霧


液を浸透しやすくするため発生箇所に切り込みを入れた後、「FT-12」を水と1:1で希釈し、浸透しやすくするためゴマ油(植物油なら何でも良い)を数滴加えてスプレーします。
 これで後は経過を見守るだけです。




04.png
処理後75日目の状態


完全治癒したと思われます。再発の兆候は見られません。この木の先には普通にリンゴの実がなりました。




05.png
処理後144日目検証

 青森県弘前大学教授(農学博士)が、一年間現地検証してくださいました。
(写真右の方)